佐伯のラーメンとは

佐伯人が三人寄れば、話題はいつの間にかラーメン談義で盛り上がります。九州の豚骨ラーメンは地域・文化の多様性により特徴が異なるため、ひとくくりで語ることはできません。佐伯市の豚骨ラーメンは、福岡の細麺あっさりスープでもなく、熊本ほどニンニクが前面に出ず、背脂ギトギト系でもない。大分県の中でも道路事情によりアクセスが困難な地域であったからなのか、大分市の豚骨ラーメンとも異なり、佐伯人好みに独自の発展を遂げてきました。

佐伯のラーメン文化は地域の産業である造船業・漁業で肉体を使う労働者が欲する塩分嗜好に合わせて育まれたのではないかという推測もありますが、佐伯の風土とそれぞれの店主のこだわりによって進化させてきた各店のオリジナルレシピがあり、多様性を持つ地域料理が佐伯のラーメンです。佐伯の豚骨ラーメンもまた、ひとくくりには語れません。各店の味があり、未だ進化の一過程でもありながら佐伯的な味が受継がれているのです。

佐伯市内のラーメン専門店、また専門店ではないけど評判のラーメンを提供する飲食店を合わせると既に50店舗を超えており、各店独自の味と店舗の数以上のラーメンメニューが存在しています。このマップはラーメンファンの皆様にとってラーメン食べ歩きツールとして微力ながらお役に立てれば幸いです。

全国のラーメンフリークに、「中毒性が高い」と評され、熱狂的に愛される佐伯の豚骨ラーメンの特徴とは何なのか?食べ歩くうちに・・・シンプルな盛付・ニンニクと胡椒の風味・茶濁した濃味のスープ・食べごたえのある中太麺・・・など共通点から“佐伯の豚骨ラーメン”が掴めてくるのではないでしょうか。その頃はあなたも佐伯のラーメン中毒かもしれません。

エリアマップ佐伯のラーメンの特徴中毒者続出
各店舗の情報は2015年2月現在の調査によるものです。更新を心掛けておりますが、最新の情報を保証するものではありませんのでご了承ください。